派遣会社営業マンの独り言

派遣会社営業マンの独り言

派遣会社の営業マンがいい派遣会社の選び方や、派遣登録での注意点などを独り言で書いていきます。

労働者派遣法が変わって何が違う?派遣会社の営業マンの仕事・・・大変派遣会社に登録する

労働者派遣法が変わって何が違う?

ちょっと前にTVや新聞で派遣法改正はどうのこうのとやってましたが、覚えてますか?
現場にいると何が変わったというと、大きいのは3つ。

1.現場の期間抵触日が実質なくなった。

今までは1つの現場(1つの作業といったほうがいいかな?)で派遣を受け入れられる期間が最長3年でした。
法的にはそんなに長いなら直接雇用してね、って意味でしょうけど、実際はそこで終わりがほとんど。
そりゃそうですよね、直接面接した人材と他社の面接した人材を長いから雇用しろってほうが無理。
今回の法改正でここが大きく変わりましたね。

以前は特定の作業に3年を超えて派遣を入れてはだめ。(人が変わってもだめ)
今回は特定の事業所に3年を超えて受け入れてはだめだけど、労働者に聞いたら延長無期限で可能。
詳しくはちがうかもだけど、だいたいはそんな感じ。

2.一人一人に期間抵触が設定された。

これは今回初めて。前まで1つの作業に3年の受け入れという、派遣先側の期間はあったけど、それがそのまま人にスライドされた感じでしょうか。同じ現場で3年派遣でいけないってことです。(前もそうなんだけどね、明確に個人ごとになった)。ただし、仕事が変われば同じ会社での派遣はさらに3年のばせる。
A部署で2年→B部署で1年→A部署で3年→B部署で2年→・・・・みたいなことが可能です。
2か所をいったりきたりすればずっと派遣で働けるってことですね。

3.スキルアップ教育が派遣元に義務化された。

派遣社員のスキルアップの為に、年間8時間お金を払って派遣スタッフ一人一人に教育訓練を行わなければならなくなったのが大きいですね。でも、これも例えば事務系やシステム系、作業系でも特殊なものをやっている人には大きな意味がありますが、主婦でパートの延長や、アルバイトでとりあえずつなぎ的な人からしたらめんどくさいだけでしょうね・・・。意味があるっちゃありますが、むだっちゃむだ。やりたい人がやれる環境を整えたほうが個人的にはいいと思うんだけどな・・・。

まぁ、大きく変わったといえばその3つでしょうか。
それでも実際働く人にとってはそれほど大きな問題でもないのかもしれません。
働きやすい環境の職場があって、いいお金がもらえて、融通が利く。
そんな企業にしていかなければいずれどこもしんどくなるでしょうね・・・・。

今日は嫁が二の腕のぶつぶつを治したいというので、美容クリームを買ってあげた。
それはこちら→二の腕のぶつぶつにオススメ
おれはあまり気にならないが、女性はちょっとしたことで目くじら立てる。
まぁ、それがよかったりわるかったりだけどね・・。

今日の一句

見た目をね、変えても結局中身だよ、ほんと

派遣会社の営業マンの仕事・・・大変

派遣の営業を初めてかれこれ8年になます。
うちの会社はブルーカラーと呼ばれる製造系の仕事の派遣が多い。
んで、地方からも多くの労働希望者がやってきます。

北は北海道、南は沖縄。
最近ではアジアからの留学生も多く、
中国はもちろん、ベトナム、フィリピン、インドネシア、カンボジアなどなど・・・。

そして、何が大変かというと、急に来なくなったり
わけのわからない理由で休まれたりして
その結果企業さんにぼろくそに怒られることです・・・。

営業なんで営業ももちろん回ります。
これは実はそれほど苦痛じゃない。

向こうもちゃんとした企業の担当なんで
まっとうにしていればちゃんと対応してくれます。
中にはめんどくさい人も少なからずいますけど・・・。

この間、チョコレートを作っている工場に女の子を派遣しました。
ばっちりつけまつげで、ピアスもバンバンついています。

普通、企業に面接に行くとき、もちろんアルバイトでも
そんな恰好で来ないと思うじゃないですか。
でも、なんでか派遣の営業をしていると
そんな恰好でくる子が多いのに驚きます。

夏場はサンダルとかもいますし、
女の子で大手の企業の見学と言ってるのに
短パンにタンクトップとか。。。

普通に私服でもいいとは言いましたけど
へそ出してこられるとさすがに担当者もどこ見ていいかわかんないし。

話がそれましたw

んで、つけまつげの子、一応本人も行きたいっていうから
現場と調整して入社日を決めたんですよね。
もちろん、当日は食品工場なんでつけまつげやピアスは厳禁。
入社前に1日使って作業安全の講習や現場での作業内容の確認、
それにうちでやっているスキルアップの講習についてなどを
説明します。延々と8時間。
長いですけど仕方ない。

これちゃんとやっておかないと、工場系なんで怪我されたらほんとに困ります。

んで当日。

ばっちりつけまつげビンビン。

担当者から「いやー、あれはまずい。外すように言って。」って。
そりゃそうです、さんざん僕も説明したんですけど・・・と
言い訳ぶちかましましたが、結果伝わってなかったら一緒です。

「あのね、つけまつげ外してもらわないと仕事できないよ」

優しく20歳そこそこの彼女にそっと伝えます。

「いや、無理、これ、命」

と、片言の日本語で即答。

「いや、昨日いったでしょ。食品工場なんで・・・」

「だって、めがねするじゃん。おちるわけないじゃん。」

と、彼女の理由で返答が返ってきます。
そりゃ落ちないようにちゃんと対応してますよ、大手の工場ですから。
それでも万が一落ちたりして、そのまま流通なんかしたら大変だから、
最初からそのリスクをヘッジするわけでしょ?

と、大人の理由説明しても聞く耳持たず。。。

結局ぶちぶち言いながらそのまま帰っていきました。

そのあと、僕はこんこんと現場の担当者に説教を浴び去られます。
「いや説明したし、昨日ちゃんと言ったし」なんて言えるわけもなく、
耐えに耐えて平謝り。

俺悪くなじゃん。

と何度心で叫んだか。

まぁ、毎日どっかでそんな感じの仕事です。
現場の担当者から起こられるのは理由があるからまだいいですけど、
わけのわからない派遣スタッフからのクレームは本当に疲れます。
理屈が通らないですからね・・・・。

つけまつげ、つけるよりもまつ毛液。
※まつ毛調べたたらまつ毛美容液とかあるんですね。知らなかったw

今日の一句w

派遣会社に登録する

派遣会社には大きく分けると3つの企業があります。

1.事務系や受付などホワイトカラーと呼ばれる仕事に強い会社。
2.軽作業系や工場系に強いブルーカラーと呼ばれる仕事に強い会社。
3.システム設計やWeb構築に強い会社です。

一般的に多いのは1.2の会社でしょうか?

アデコやパソナなどは1になるかと思います。
2は日研トータルソーシング(元日研創業)が有名でしょうか。

自分が働きたい仕事に強い派遣会社に登録するのがセオリーです。
大手の企業での派遣としての働き方を考えている場合は、
これらの大きな企業での登録がベターです。

でも、実は地元の派遣会社にしかない仕事もあったりします。

私は大阪で小さな派遣会社に勤めていますが、
ほとんどの企業は地元の中小企業です。
事務案件もあれば、軽作業系もあります。

地元の取引先が地元の中小企業ですから
大手と違い確かに給料面では見劣りすることもあります。

しかし、たとえば、お子さんがいる主婦だったり、
地元で働きたい学生だったりすると、
大手と違い融通が利くことも多く、求人案件によっては
大手の派遣の仕事よりも多くの人が集まることがあります。

大手には大手の、中小には中小の良さがありますね。

これはあくまで自分の体験なので参考程度にしてほしいのですが・・・。

以前、某大手家電メーカーと取引をしました。
誰もが知っている大きな日本企業です。
この会社と派遣の契約を直接地元の弱小企業である
私の会社は契約することができず、家電メーカーが持っている
子会社(製造を請け負っている会社)と契約して、人を派遣します。

大手なのでそれなりに時給も高く人気案件です。
働く環境も大手ですから非常によく、現場もきれいでした。

でも、入れても入れても人がバンバンやめていきます。

実は現場の人に問題がありました。
大手の企業に派遣するとあることなのですが、
派遣の人を下に見てします現場の人が露骨ではないですが
あたりがきつかったり少しのことで起こってきたりするようです。

その辺を現場の受け入れ担当者と相談もするのですが、
大手だと逆に労働者側が強く、きつく言うと
やれ、パワハラだなんだとわめく人がいて、なかなか言えないこともあるようです。

逆に地元の小さな企業とかだと、
作業環境や給料は大手と比べると少ないわけですが、
小さな会社なので問題があると社長や担当がすぐに対応してくれ、
また、同じ地域の人たちが働いているので仲間意識が強く
案外長続きしたりすることが多いです。

一概には言えませんが、地方からいろんな人が集まっている大手企業と
地域の人たちが協力して運営している地元の企業。

自分に合ったほうで働きたいですから、
派遣会社を選ぶ時も時給や仕事内容だけではなく
そういったことも考えてみるといいかもしれませんね!

Copyright ©派遣会社営業マンの独り言 All rights reserved.

ログイン